2010年 08月 30日
光化学スモッグ
光化学スモッグは、工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応をおこし、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になることをいう。夏に多く、日ざしが強くて風の弱い日に特に発生しやすい。光化学スモッグが発生すると人の健康に悪影響を及ぼすため、大気汚染として問題となる。日本の発生件数は1970年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランドや中国からの大気汚染の流入などの影響により増加している大都市地域もある。(Wikipediaから引用)

猛暑が続いていますねぇ...今、光化学スモッグ注意報が発令されました。
Wikipediaに書かれていますが、主に車からの排ガスが影響するようです。地球温暖化とか環境破壊とかが日常に影響を及ぼしているということですかね...子供の頃、表で遊んでいるとよく放送が流れていたのを覚えています。近年はあまり聞かなかったのですが...今年は既に数回この言葉を聞いています。光化学スモッグの無い未来にしたいですね。
b0097791_1551431.jpg


by infotokyobike | 2010-08-30 15:51 | ■えびっち日記


<< 奴      お昼ご飯 >>