2006年 10月 31日
タイヤについて
TOKYOBIKEのタイヤは650Cという規格を採用しています。

ロードレースなどでは700Cという規格が一般的ですが
TOKYOBIKEでは、信号の多い都市部を走る事を想定し、漕ぎ出しでの加速性に優れた650Cを採用しています。

TOKYOBIKEでは標準タイヤとしてKENDA製を採用しておりますが他タイヤメーカーでも造られています。
タイヤ交換の際、参考にして下さい。

■PANARACER(パナレーサー)
PASALA W/O26×1(650×23C)
EXTREME EVO2 650×23C 
STRADIUS ELITE W/O26×7/8(650×20C)

■CONTINENTAL(コンチネンタル)
GRAND PRIX 4000 650×23C
GRAND PRIX TRIATHLON 650×23C
GRAND PRIX W/O26×1 650×23C

■SCHWALBE(シュワルベ)
STELVIO 650×23C

■MICHELIN(ミシュラン)
IRONMAN 650×23C

■HUTCHINSON(ユッチンソン)
FUSION COMP SILVER 650×23C

など...

※650Cのタイヤには別の言い方としてW/O26という物があります。これはまったく同じ物を指します。
また、650×25Cの"25"とはタイヤの太さを指します。W/O26×1の"1"は1インチの事を指しこれは25Cとほぼ同等の太さであるという事です。

※使用するチューブはW/O 26×1、650×20〜25Cの規格でフレンチバルブ(仏式)の物を使用して下さい。

※650には他650A,650Bなどの規格がありますが、650Cとは別の規格となりますのでご注意下さい。
※H/E 26×1.0(MTB用)とW/O 26×1は、別の規格となりますのでご注意下さい。
※バルブはタイヤに空気を入れるチューブの口金の部分を指します。
※弊社での取扱はKENDA製タイヤ、PANARACER製チューブのみとなっております。
ご購入はTOKYOBIKE取扱店又は、スポーツ自転車専門店にご相談下さい。

■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2006-10-31 17:10 | ■技術的なこといろいろ


<< タイヤの空気について      リアハブの音鳴りについて >>