2008年 10月 12日
たまには
自分の事とか...
b0097791_0305921.jpg

現在32才の男性です。最近太ってきました。笑
中学1年生の時に両親に無理矢理参加させられた房総半島一周のサイクリングツアーが
きっかけで自転車を単なる移動の道具では無く、趣味と言うか...ライフワークと言うか...
とにかく、自転車が生活の一部になるきっかけがそこにあったと思います。

高校生の頃は部活と片道25kmの自転車通学とアルバイトでヘロヘロになってましたね、
雨の日は電車通学で半分以上は遅刻でした。笑

卒業して就職はせずメッセンジャーを半年やった後、某自転車店にアルバイトとして
フルタイムで働き始め、25才になった春先に退社、マウンテンバイクのレースを
する為にメッセンジャーに復帰しました。
メッセンジャーとレース活動に没頭していましたが30才を前に、レースの世界に
疑問、限界を感じ、また、自分の将来を考えていた時、TOKYOBIKEに出会いました。

自転車一辺倒でやって来ましたが、
最初に行ったサイクリングの感動、感覚、思い出、が一番心に残っています。
自転車でこんな遠くに行けるんだ!自力でここまで出来るんだ!自転車って面白い!って

そんな僕が出した自分なりの回答は“楽しんだ者勝ち”って事です!!
100万円を超える自転車でも、5万円のTOKYOBIKEでも、1万円を切るママチャリでも、
乗る人が“主役”なんだって事です。

まずは少し遠くに行って見て下さい。
東京の狭さ、風を切るスピード感、町の匂い、人、お店、解放された時間、
新しい発見がそこにあると思います。

by infotokyobike | 2008-10-12 01:26 | ■えびっち日記


<< 向日葵      ラフティング >>