カテゴリ:■空気の入れ方( 2 )

2006年 11月 17日
タイヤの空気について
タイヤの空気が少ないとそれだけでパンクの原因になります。

1週間に一度、最低でも2週間に一度は空気の補充をオススメします。

SPORT 9s, CLASSIC,SSの空気圧は6.5気圧以上、8.5気圧以下になるよう補充して下さい。
※空気を入れる際にはフレンチバルブ(仏式)用の空気入れを使用して下さい。

TOKYOBIKE 26,BOSOU 26の空気圧は5気圧前後、5.5気圧以下になるように補充して下さい。
※イングリッシュバルブ(英式)を採用しています。
 一般車と同じバルブですので先が洗濯ばさみの様になっているポンプを使用して下さい。

タイヤの空気が少ないと...
ちょっとした段差でパンクしやすくなります。
路面抵抗が増え、走りが重くなります。
タイヤの消耗が早くなり、最悪タイヤその物が裂けてしまうこともあります。

また、タイヤの中でチューブが動き結果チューブを削ってしまい
外傷が何もなくてもパンクする事があります。

ちょっとした手間を惜しまなければ快適にTOKYOBIKEを楽しむ事が出来ます。
専用の空気入れをご用意していただき空気圧の管理はマメに行なうようにして下さい。

■空気入れはエアゲージ付きをお勧めしています。

■空気の入れ方

by infotokyobike | 2006-11-17 16:20 | ■空気の入れ方
2006年 10月 24日
空気の入れ方について
タイヤの空気はとても重要です。
空気が少ないとペダルの漕ぎが重くなり、タイヤの消耗も早くなります。
パンクもしやすくなりますのでマメに空気を入れましょう。
ここでは、SPORT 9s, CLASSIC,SSに採用しているフレンチバルブについて説明します。
TOKYOBIKE 26,BOSOU 26に採用しているイングリッシュバルブは一般車と同じように
先が洗濯ばさみの様になっているポンプを使用して下さい。
b0097791_1984118.jpg

■空気を入れ終わったら、ポンプの口金をバルブから真っ直ぐ引き抜いて下さい。
 逆の手順でバルブの小ネジを締め、これで完了です。
 快適なTOKYOBIKEを楽しんで下さい。
 ※ポンプの口金を無理に引き抜こうとすると、
  チューブのバルブが折れパンクする事がありますので注意して下さい。

■タイヤが細いので十分に空気が入っていないとパンクしやすくなります。
 空気は2週間に一度は入れるようにしてください。
 
■エアゲージ付きのポンプをお勧めしています。
 当社の通信販売でもご購入いただけます。
 トピーク フロアポンプ ¥3570(送料、手数料別)

■タイヤの空気について

by infotokyobike | 2006-10-24 17:46 | ■空気の入れ方