カテゴリ:■保管について( 1 )

2008年 09月 21日
自転車の保管について
TOKYOBIKEをはじめ、全般的に言えるのですが、自転車は雨を嫌います。
雨ざらしにすると錆るのはもちろんですが、
各稼動部のグリスが流れ出してしまう事があります。こうなると大掛りな整備が必要になり、最悪部品の交換などが必要になってきます。

こうならないためにもなるべく雨ざらしでの保管は避けるようにして下さい。
屋内での保管か、屋外でもカバーをかけるなど雨の当たらない場所での保管をお勧めします。

また、塗装は紫外線の影響を受け色褪します。
日差しの強いところでの保管は車体の色褪せの原因になりますので注意して下さい。

■雨の中を走った後などには車体を軽く拭きチェーンなどに注油すると長持ちします。

by infotokyobike | 2008-09-21 13:20 | ■保管について