カテゴリ:■技術的なこといろいろ( 6 )

2007年 02月 12日
タイヤを外す
自転車のパンクを修理するには
“車体からホイールを外す→タイヤを外しチューブを取出す→パンク修理→チューブを入れタイヤをはめる→ホイールをはめる”
の一連の作業が必要です

2回目はタイヤの外し方
b0097791_17541221.jpg










































■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2007-02-12 18:05 | ■技術的なこといろいろ
2007年 02月 11日
ホイールを外す
自転車のパンクを修理するには
“ホイールを外す→タイヤを外しチューブを取出す→パンク修理→チューブを入れタイヤをはめる→ホイールをはめる”
の一連の作業が必要です

まずはホイールの外し方からb0097791_1237582.gif











































■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2007-02-11 17:43 | ■技術的なこといろいろ
2006年 11月 17日
チェーンの歯飛びについて
長期間乗られるとチェーン、ギアなどが消耗し、特に重たいギアなどで
力いっぱい漕いだときに“ガキン”という大きな音とともに
ギア抜け”する事があります。これを“歯飛び(ハトビ)”といいます。

自転車のチェーンは長期間の使用で伸びてきます。
チェーンは新品の状態で上手くギアに収まるようにできていますが、伸びると収まりが悪くなります。
収まりの悪いチェーンはギヤに収まるようにギアを削って行きます。

これは同時に進行するため解りにくいのですが、
気付くとチェーンの伸びと、ギアの削れが限界まで達し歯飛びとうい現象を引き起こします。

この現象を起こさない為に、乗る頻度にもよりますが通常の使用でも
1年に一回程度でのチェーンの交換をオススメいたします。

強い力(重たいギア)で漕ぎ続けるとチェーンが歯飛びするまでの期間が短くなる事があります。
スピードに合わせた適正なギアの選択をオススメいたします。

■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2006-11-17 19:13 | ■技術的なこといろいろ
2006年 10月 31日
タイヤについて
TOKYOBIKEのタイヤは650Cという規格を採用しています。

ロードレースなどでは700Cという規格が一般的ですが
TOKYOBIKEでは、信号の多い都市部を走る事を想定し、漕ぎ出しでの加速性に優れた650Cを採用しています。

TOKYOBIKEでは標準タイヤとしてKENDA製を採用しておりますが他タイヤメーカーでも造られています。
タイヤ交換の際、参考にして下さい。

■PANARACER(パナレーサー)
PASALA W/O26×1(650×23C)
EXTREME EVO2 650×23C 
STRADIUS ELITE W/O26×7/8(650×20C)

■CONTINENTAL(コンチネンタル)
GRAND PRIX 4000 650×23C
GRAND PRIX TRIATHLON 650×23C
GRAND PRIX W/O26×1 650×23C

■SCHWALBE(シュワルベ)
STELVIO 650×23C

■MICHELIN(ミシュラン)
IRONMAN 650×23C

■HUTCHINSON(ユッチンソン)
FUSION COMP SILVER 650×23C

など...

※650Cのタイヤには別の言い方としてW/O26という物があります。これはまったく同じ物を指します。
また、650×25Cの"25"とはタイヤの太さを指します。W/O26×1の"1"は1インチの事を指しこれは25Cとほぼ同等の太さであるという事です。

※使用するチューブはW/O 26×1、650×20〜25Cの規格でフレンチバルブ(仏式)の物を使用して下さい。

※650には他650A,650Bなどの規格がありますが、650Cとは別の規格となりますのでご注意下さい。
※H/E 26×1.0(MTB用)とW/O 26×1は、別の規格となりますのでご注意下さい。
※バルブはタイヤに空気を入れるチューブの口金の部分を指します。
※弊社での取扱はKENDA製タイヤ、PANARACER製チューブのみとなっております。
ご購入はTOKYOBIKE取扱店又は、スポーツ自転車専門店にご相談下さい。

■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2006-10-31 17:10 | ■技術的なこといろいろ
2006年 10月 31日
リアハブの音鳴りについて
稀にリアハブ(後輪車軸)から“キュリキュリ”と音がすることがあります。
簡単に直りますので以下説明します。
b0097791_15371652.jpg















赤丸示したゴム製のパーツとハブが擦れて音がしています。
下の写真のように一度ゴムパーツをめくり上げグリスをまんべんなく回るようにして下さい
b0097791_15373050.jpg















雨などの影響でグリスが抜けてしまっている場合は
新たにグリスを塗り直して下さい

■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2006-10-31 15:38 | ■技術的なこといろいろ
2006年 10月 27日
スピードメーターについて
スピードメーターを取り付ける方が多くいらしゃるようで
よくご質問いただきましたので掲載します。

スピードメーターを取り付け、設定する際に絶対に必要な数値があります。

周長です。

タイヤの外周をミリ単位で入力するのですが、説明書に記載のない事があるようです。

その場合“1935”と入力して下さい。

大抵のメーカーの物はこの数値でOKです。

■スピードメーターについて
■リアハブの音鳴りについて
■タイヤについて
■歯飛びについて
■ホイールを外す
■タイヤを外す

by infotokyobike | 2006-10-27 18:37 | ■技術的なこといろいろ